累進税率の強化とベーシックインカムの二つをマニュフェストに取入た政党が受入られ、3つ目の財産の再分配のサプライズは・・・

http://www.asyura2.com/10/hasan67/msg/602.html
投稿者 君主と社会民主、共産と自由の相異点1
日時 2010 年 4 月 11 日 02:29:35: nf/S/hcbrHIow

累進税率の強化とベーシックインカム(BI)の
二つをマニュフェストに取り入れた政党が受け入れられ、
3つ目の財産の再配分のサプライズは・・・

一般に所得の再分配、財産の再分配が適切に行われて初めて富の再分配が完了します。
いくら税金で所得を調整しても財産の平準化には限界があります。
その財産の平準化の限界を打ち破るサプライズがこの夏の参院選、
3年後(2013)の衆院選の焦点になりそうです。

2010年04月08日

真の不況の原因は、不十分だった所得の再分配、
財産の再分配まで出来れば完全に富の再分配が完了
ロハス 自然 天然 野生 文化 ? (lohas0001ld)  より
URL:http://blog.livedoor.jp/mkld4001/archives/51462462.html


引用開始
----------------------------------------------------------------------------------------

いっこうに良くならない景気、今の不況の原因はデフレの悪循環にあります。

デフレの悪循環が起こり、何時までたっても収束せず、むしろどんどん悪い方向へと突き進んでいます。

では何故デフレになるのか考えてみます。

一般的にデフレの原因として次の二つの要因が考えられます。

(1)物を買ってしまったあとの需要がない反動デフレ

(2)需要はあるが貧困の為に物が買えないデフレ

今回のデフレの原因は(2)の需要はあるが貧困の為に物が買えないなめにデフレとなったためです。

そのために、富める者はもう十分に物持ちですので、物を新たに買いません。

貧しい者は金がないので、物を買うことが出来ません。

この事によって、デフレの悪循環が起こり、
何時までたっても収束せず、むしろどんどん悪い方向へと突き進んでいます。

このデフレの悪循環の原因は、実は所得の分配の方法にあることが分ります。

所得等の累進課税の税率が低く過ぎるため、富める者は益々富み、

貧しい者は益々貧しくなっています。

また、この悪循環はつぎのように、
所得の再分配が十分に行われていないことにあることが分ります。

 

ここからは、大分ラフな計算(概算)になりますが、お許しください。

日本の国内総生産(GDP)を約500兆円とすると、1人あたりの国民総所得(GNI)は約385万円になります。

単純に4人家族の年収を計算すると、

385万円 X 4人 =1,440万円

世帯年収は1,440万円になります。

大部分の4人家族世帯の実際の年収は約600万円程です。

1人あたりの国民総所得(GNI)の約385万円を4倍した年収の1,440万円に届きません。

その半分の720万円にも届きません。

そう、そこが問題なのです、大問題なのです。

もしも大部分の4人家族の世帯年収が1,440万円あれば、

今まで金がなくて物を買えなかった人が物を買うことが出来るようになります。

そこで、物が売れるようになり、やがては景気は良くなります。

その結果、デフレは解消されます。

そうなのです、国民一人一人に、1人あたり約385万円に近い
配分がされるようにすることが、経済を活性化するために必要です。

では今までなぜ景気が良くならないかと言うと、そういうことをしない政府の政策が悪かったのです。

またそう言うことの説明もしない政府、ジャーナリズムに、問題点があったと思います。

今の日本経済の不況は、政府、ジャーナリズムが彼らの説明責任を十分に果たさない為に、
オカシイ、オカシイで終わってしまい、その繰り返しのジレンマに陥っております。

したがって、不況の原因はデフレ等が、一部の巷では囁やかれていますが、

本当の不況の原因はデフレ、インフレではなく、その根本的な原因は、

所得の再分配が適正に行われなかったためなのです。

なぜ、所得の再分配行われなかったかと言うと、

結論から言いますと、累進課税の税率が低く過ぎるためでした。

累進課税の税率が異常に低く過ぎると、富める人は益々富み、貧しい人は益々貧しくなります。

それを解消する為には、累進税率を適切に引き上げて、所得の再分配が適正に行われることが重要です。

また、累進税率を引き上げるだけではなく、所得が少ない人のために、
給付金を支給するベーシックインカム(BI)も同時に必要になります。

現在の最高税率は所得税40%、相続税50%、贈与税50%は、
今の時代としては低すぎます。

それらの累進税率の最高税率75%に強化するだけでも、
毎年100兆円ぐらい(GDPの2割)の歳入増になります。

この歳入増が給付金等で日本の経済市場に還元されると
日本人全員に毎年80万円づつの給付が可能になります。

これは増税ではなく、民主制維持のための代償としての
唯一の、根本的な、そして基本的なことではないでしょうか。

この歳入増が給付金等で日本の経済市場に還元されると、デフレは数年で脱却されるでしょう。

これが出来なければ、治安等がさらに悪くなり民主制の維持が困難になります。

またその出来ない状態が何時までも続けば、いづれは古くから言われている
ハイパーインフレや、戦争、天変地異等による破壊的なリセットでご破算となり、
しばらく混乱が続きます。

そうならないように、所得の再分配が適切に行われることが必要です。

そのために、累進課税の税率の強化と、また、所得が少ない人のために、
給付金を支給するベーシックインカム(BI)の導入も同時に必要になります。

今後の動向としては、この夏の参議院選挙がありますので、各党のマニュフェストに、

1)累進課税の税率の強化

2)給付金を支給するベーシックインカム(BI)の導入

3)財産の再分配(戦後の農地改革、戦後のハイパーインフレと同様な)

3つ目の財産の再分配まで出来れば完全に富の再分配が完了しますが、
そこまで実行できる政党が出現するようなサプライズは、今の段階では無いと思われます。

この財産の再分配は2013年の衆院選で焦点になりそうです。

最初の二つが謳われるかが参院選の勝敗の分かれ目になりそうです。

累進税率の強化とベーシックインカム(BI)、
この二つをマニュフェストに取り入れた政党が受け入れられるしょう。

恐らく民主党はそうするでしょうが、野党の各党もそうすることを期待したいところです。

もちろん自民党にもそうそることが出来ますので、期待いたします。

今後、3つ目の財産の再分配のサプライズが有るかどうかは分りませんが、
一発逆転のチャンスはどの党にも十分有りうると思います。

選挙戦では各党のマニュフェストをしっかり見守りたいです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

遊びに来ました!!

景気回復を本気でしたければ、

1.波及効果を生むように適切な社会インフラにお金を突っ込むこと
2.公正な官僚組織の運用
3. 福祉政策の充実

の三つは必要条件なのです。

しかし今までの政府は全部その真逆をやっているんです。
少しはシャハトの手腕から勉強したらどうかと思います。

むしろ、このような書き込みが足す生みかけられる状況を見ていると、
どうやらボチボチ多くの人々が貨幣そのもののおかしさに気づき始めるのは、
時間の問題なのではないかと思います

案外、そう考えると九州独立はそう勝算のない話でもないかも知れませんね?


わざわざありがとうございます(^^)

「どうするべきか?」はネット上ではだいたい結論が出てるようにも思えます。

あとはどうやって「実行するか?」かと。

いまのようなマスコミの誘導と人気投票のような選挙では実行できないんじゃないかと。

既得権益を持った人たちのしがみつき方がひどい。

クーデターみたいなの起こして、強力な指導力を持った政体が必要かなとも。

あるマイミクさんの日記のコメント欄でも話してましたが、
武装親衛隊みたいなので、物理的にも守られてないと、
強力な既得権に手を突っ込むのは難しい。

そこまで考えた改革じゃなけりゃ頓挫させられる。

やはり暴力装置ですから。それへの防衛手段がなければ。

チリのアジェンダ政権みたいになってしまいますし。

今の鳩山政権へのマスコミのキャンペーンはひどいですわな。


ゲバラの貨幣廃止や「三無事件」の目指した理想も
あながち荒唐無稽であったとは思えない今日この頃です。


九州は国土や経済規模ではオランダに匹敵するそうで、
日本の中でアジアに最も近い地域であることも考えれば、
独立も不可能ではないんじゃないかとも。

まずはその前に、○○地域からですな(^^)/
年内にも第一弾の行動起こします(^_^)v



九州に来た時は伺わせて頂きます!!

政、官、業、そしてマスコミの既得権益の腐敗が著しく、
改革をやろうにもまったくできない。
議会制民主主義の構造的欠陥がそれを深刻なまで拗らせてしまっています。
民主党の失敗は速やかな徹底した強権発動と独裁に踏み切らなかった点にあります。事業仕分けなんていうパフォーマンスをやっている暇があるなら、政治家が官僚の人事を自由自在にできるようにするインフラを一番最初に整えるべきでした。
あの事業仕分けでさえ財務官僚を味方に付けてやらざるを得なかったのですが・・・。

参考になるかは分かりませんが、かつて古代ローマには独裁官という臨時の役職がありました。緊急事態において選出して、半年だけ独裁権を与えるという仕組みです。
権力というものの暴力性と、それに対しての牽制が必要だという認識を持っている故に、逆に緊急事態における主権の発動という問題も彼らは自覚していたのでしょう。

徹底した強権発動で一気に改革をしないと民主党の二の轍を踏むことになってしまいます。角栄はそれを札束でやったんですが、それがダメなら軍隊しかない。
余談ですが、ロッキード事件のときの立花隆などその辺が全く見えていないんです。まったく困ったものです。

結局、戦後の左翼が大敗に大敗を重ね続けたのは、政治というものが抱えざるを得ない暴力性を徹底的に直視してこなかった点にあると思います。そういう視点がないから、リンチに走り、安易に浅間山荘事件のように公安につけ込まれてしまうことになったんです。


>今の鳩山政権へのマスコミのキャンペーンはひどいですわな。今の鳩山政権へのマスコミのキャンペーンはひどいですわな。

全く同感です。
検察審議会に小沢を告訴せよと圧力をかけたとある市民団体。
その正体が在特会だということがインターネットでは流れているけど、
テレビでは流れていないのはどういうことなのでしょうか?
奴らは本当に小沢が怖いのでしょう。

ポッポはしょうもない所もたくさんあるけれども、それを批判する側が批判するに値することをやってきているのか著しく疑問がある所が何とも情けない話です。


>ゲバラの貨幣廃止や「三無事件」の目指した理想も
あながち荒唐無稽であったとは思えない今日この頃です。

>九州は国土や経済規模ではオランダに匹敵するそうで、
日本の中でアジアに最も近い地域であることも考えれば、
独立も不可能ではないんじゃないかとも。

>まずはその前に、○○地域からですな(^^)/
年内にも第一弾の行動起こします(^_^)v

地理的にもインフラ的にも不可能じゃないと思います。
九州は貿易と農業で十分やっていける。
運営は十分に可能だと思います。
しかし今のままでは地方が東京から独立するのは厳しい部分があります。

よく若者が田舎にとどまらないというけれども、それは無理もない話で、
まず田舎で食べていけないということがあります。
あと一つは地方は住んでいても人間関係が息苦しいという点が挙げられます。
そして地方の人間にしても以上のことを良く理解していない点、問題がどこにあるのかよくわかっていない点にあるのではないかと思います。


しかし、そういう状況は大きく変わりつつあると思います。
東京に行っても食っていけない厳しい現実があるということと、
かつての村落社会が崩壊しつつあるという点です。

だったら経済も規模もガタガタになった田舎を占拠して、
好き勝手にやろうという人間が出てくる可能性があるからです。(笑)

少し財政的に余裕ができたら、九州にも遊びにいこうと思います。その時は宜しくお願いいたします。



そういわずに

>少し財政的に余裕ができたら、九州にも遊びにいこうと思います。

財政的余裕ができると、今度は時間的余裕がなくなりますしw
もし時間的に余裕があるならば、旅費出しますから、九州遊びに来ませんか?
短期でしたらビジネスホテル代くらいでしたら出しますし、
長期でしたら福岡の外山塾や私の自宅でも(^_^)

秘密基地【AZITO】
http://www.clubpyramid.jp/azito.html
で定期的に東京などからゲスト招いてトークイベントやってまして、
(昨日は「だめ連」ペペ長谷川氏)

こちらから東京行って交流するのも、来ていただいて交流するのもコストは一緒ですし、
そういうことで、日本中の有為な人士に来ていただいております。

いらっしゃったら是非、ご出演くださいまし。
顔出しNGでしたら覆面でも(笑)


>だったら経済も規模もガタガタになった田舎を占拠して、
>好き勝手にやろうという人間が出てくる可能性があるからです。(笑)

そういうことを目指して始めたのがピラミッドプロジェクトでして、
作りためた資料(妄想電波資料ですがw)
http://web.mac.com/cosanostrajapan/CLUB_PYRAMID/Documents.html
を編集して大量の印刷物「紙爆弾」(コードネーム;ウイルス)作成中です(^_^)v

>まず田舎で食べていけないということがあります。

ということで、まずは経済的基盤(雇用)を創り、若者の移住を狙っております。
雇用を創出するためのインフラはすでにあり、潜在的ポテンシャルはかなりあると思います。

>あと一つは地方は住んでいても人間関係が息苦しいという点が挙げられます。

とは言っても、
抑圧する側は保身しか考えてない人々が集まってる
烏合の衆、ヘナチョコですから、
意志ある少数の者達の団結の力によって、
粉砕するのは容易いと睨んでおります。

>そして地方の人間にしても以上のことを良く理解していない点、
>問題がどこにあるのかよくわかっていない点にあるのではないかと思います。

それを変えられるのは、町おこし、地域振興でよく語られるのですが、
「よそ者」「若者」「バカ者」です!

>東京に行っても食っていけない厳しい現実があるということと、

昨日のトークイベント後に交流会でぺぺさんと話してましたが、
東京でもリアルにそういう情況になってるそうですね。

いよいよ、革命なのか、クーデターなのか、維新なのかは判りませんが、
大きな変革の気運、革命情勢がキターってことで、密かにワクワクしてます(笑)

インターネットによって、マスメディアによる洗脳の「マトリックス」から
目覚めだしてる人も増えてきましたし、楽観はしてませんが、期待してます(^o^)

暴力装置を独占する存在を打倒しようとするのだから、それ相当の覚悟、気概がなければ。

変革する主体は、非常手段によって権力を掌握した後は、
1年とか3年とか、期限を切り、強権の発動し改革した後は、
潔く権力の座を降りるべきで、その後、そのやむにやまれぬ決起とその後の行いが、
正義であったかを検証する、公開人民裁判を開くべきでしょうね。


今はまだ、メンシェビキによる2月革命。
次が我々、ボルシェビキによる10月革命ですよ(^_-)

No title

いくら何でも旅費を出してもらうのは申し訳ないので、
6月か7月にお休みを頂いて、自費で遊びにいこうと思います。
バイトがあるので長期間の滞在は不可能なのが残念ですが・・・。

私は36歳なので、若者とは言えませんが、「よそ者」と「バカ者」は
確実に該当すると思います。
かえって東京より九州のほうが面白い状況になりつつあるようですね?


プロフィール

海のピラミッド▲熊本

Author:海のピラミッド▲熊本
※重要動画※

2010/8/27(金)
ベンジャミン・フルフォード 熊本講演
YouTube 3分47秒
+Ustream 2時間14分55秒


2010/8/14(土)
「千坂 恭二」 × 「外山 恒一」
トーク・ライブ@秘密基地アジト熊本
Ustream 2時間18分33秒

2010/8/27(金)
野口 修一さん 宇土市議会 議員選挙
立候補 決意表明
YouTube 11分13秒


90年代初頭、バブル経済末期、
「政」「官」「業」の杜撰な計画に基づき、
建築された巨大建造物
「海のピラミッド」

その後、目的を失い、彷徨い、
国、熊本県から見捨てられ、
廃墟と化そうとしていた
ピラミッド。

そのピラミッドが、
2007年夏、
人々の手により解放され、
週末、レーザー光線が飛び交い
2万ワットの爆音が響き渡る
西日本最大のクラブとして、
復活しました!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード