重要レス

550 :コロドラゴン(長野県):2010/11/01(月) 00:27:54.00 ID:AOHY8IGl0
1人の労働力が100だとして、原始時代は食料を得るだけで95くらい必要だった。
ちょっと時代が進むと技術が進歩して80くらいの労働で食料を手に入れることが可能になった。
残り20でじゃあ文化でも発展させてみるか、って余裕ができてきた。
そして現代。
食料を得るだけならば1人平均例えば20で出来る。
残りの労働力を電気だ、水道だといったインフラに費やしても50くらいになる。
残り50をテレビだのゲームだのに振り当てていって、
ようやく100の労働力を使い切ることができた。
しかし、ごく最近は生産効率の向上が進んできているから
余計な産業に労働力を費やしても80の労働力でできてしまう。
残り20をどう使うか? ゲームもテレビもありとあらゆる産業を見ても需要が無い。
人間の欲望は無限だと言うが、近代は生産効率が欲望による需要を超えてしまった。
どう欲望を満足させても20の労働力が余る。これが「仕事が無い」という根本的な理由だ。
生産効率を上げれば当然、人はいらなくなる。そして需要には限界がある。
20の労働力を生かすためには、仕事のための仕事をやるくらいしかない。
そしてそういう仕事は本来、必要が無いから報酬なんてゴミみたいなものになる。
ワープア人口の増加は世の中のシステム的に当然の流れだよ。
スポンサーサイト
プロフィール

海のピラミッド▲熊本

Author:海のピラミッド▲熊本
※重要動画※

2010/8/27(金)
ベンジャミン・フルフォード 熊本講演
YouTube 3分47秒
+Ustream 2時間14分55秒


2010/8/14(土)
「千坂 恭二」 × 「外山 恒一」
トーク・ライブ@秘密基地アジト熊本
Ustream 2時間18分33秒

2010/8/27(金)
野口 修一さん 宇土市議会 議員選挙
立候補 決意表明
YouTube 11分13秒


90年代初頭、バブル経済末期、
「政」「官」「業」の杜撰な計画に基づき、
建築された巨大建造物
「海のピラミッド」

その後、目的を失い、彷徨い、
国、熊本県から見捨てられ、
廃墟と化そうとしていた
ピラミッド。

そのピラミッドが、
2007年夏、
人々の手により解放され、
週末、レーザー光線が飛び交い
2万ワットの爆音が響き渡る
西日本最大のクラブとして、
復活しました!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード